株式会社ウインテック

ウインテック切削工法

特殊刃で叩き削る切削工法

  • お問い合わせ
  • 採用情報

切削工法

当社は土間コンクリートの下地処理業ですので、「まさに縦回転するドラムに特殊刃を装着し叩き削る」という施工をいたします。床材の除去をお求めの場合は、エポキシ、MMA、硬質ウレタン等が対象になります。またカラークリート、フェロコン、コンクリートなど無機系床材の目荒らしなどの要望もあります。

新築の場合ですと、雨に打たれ補修が必要なので打たれた脆弱層を取り除く時に、この工法で撤去し、補修をする場合が多いようです。

また最近引き合いが多く、高いご評価いただくのはレベルダウンですね~。特に改修工事において仕上材がセラミックタイル等になったいる場合、多くは天端の高さは変えられないのでレベルダウンが必要になる場合が多いようです。15mm程度それも100〜200m2。当社一番得意です。ハツリ屋さんもその面積になるとNGのようですし、よくゼネコンさんから重宝がられます。お気軽にご相談ください。

切削工法

縦回転するドラムに特殊刃を装着し叩き削る

主な対応下地

[床材の除去]
エポキシ、MMA、硬質ウレタン

[無機系床材の目荒らし]
カラークリート、フェロコン、コンクリート

point

刃の構造上凹凸な面に仕上がります。 研磨・研削工法との組み合わせにより、強固で密着性が高く、材料の無駄を無くします。

施行の様子
施行の様子
施行の様子
施行の様子
施行の様子