株式会社ウインテック

床の修繕・改修

独自の工法による床の修繕・改修

  • お問い合わせ
  • 採用情報

床の修繕・改善

ウインテック工法の概要

生産施設や物流施設の過酷な環境に長期間耐えられ剥がれない塗膜にするには、既存の古い塗膜や劣化した下地を全て削り取り、健全で密着性の高い新たな下地を作る事が重要です。
これまでの補修工事では、塗膜の上に塗膜を塗り重ねる工法が大半で凹凸面になり易く、剥がれ易いため短期間で再補修工事が必要となりその都度工場内の機械移動、復旧、施工立会いなどの人件費負担、また新たな材料を使い空缶や養生フィルムなどの産業廃棄物を発生させ、環境に優しいとは言えません。
改修工事で6割を占めていると言われる下地処理を重視して頂き、長寿命化によるトータルコストダウンとバリュープランをご提案し高い資産価値の維持に貢献致します。

工法紹介

各工法をクリックして詳細ページへお進み下さい。

研掃工法 剥離
切削 クラック処理Vカット処理
研磨研削 グルービング
研磨研削ハンドタイプ

工法のセールスポイント

短時間施工

最大400Vの高出力モーター搭載で作業能力が高い大型タイプ、狭い場所で能力を発揮する小型タイプとハンドタイプなど、指定時間内に施工を完了するため機械の選別台数など専門スタッフが状況を把握検討しご提案致します。

粉塵対策

ハツリピックを除く下地処理機械には高性能集塵機付で特にオリジナル集塵機200Vタイプは、削りゴミを袋詰状態で搬出しますので粉塵の飛散を最小限に抑えます。

安全・安心

多くの下地処理機械は電気モーターを搭載し燃料エンジン式と違い排気ガスの弊害が有りません。100V用ハンドタイプの電源はダウントランスで200Vから100Vに変圧しますので場内のパソコン、タイマー、温度センサーなど、重要な回路のブレーカーを遮断する心配が有りません。

適切な施工

特に改修工事で問題となる移動出来ない機械下、剥がれ易いグレーチング廻り、段差調整、端部処理、材料の無駄を抑えるヘッドカット工法、2種類の違う機械を組み合わせる複合工法など、仕上材の密着性と美観を重視し細部まで考慮した提案を致します。

開発改良

『環境に優しい』をテーマに新型下地処理機械の導入と機械の開発改良や材料メーカーと協同で新素材の下地処理工法の検討など進化するニーズに対応しております。

塗床

工場、食品工場、厨房、屋上、駐車場、ガソリンスタンド、プール等の床が破損・亀裂・ひび割れ・すり減り・滑りやすい・下地から剥がれる・浮くなど 床の「劣化」「不具合」にお困りではありませんか?

そんな床を使い続けていくと、
歩行時の転倒、代車運搬時の荷崩れ、異物混入の危険、カビや雑菌の発生など多くの問題が出てきます。

そういった困った床の悩みも「長寿命化でトータルコストダウン」な当社の工法で「修繕・改修」をおこないませんか?

塗床の表面は、防滑や艶(あり・なし)、耐熱や耐摩耗など、シーンによって様々です。 施工時間に制限がある現場には速乾性のある塗床材、また、厨房や食品工場では、臭いのほぼ無い材料を使用しております。

安全・品質・衛生面のために今の床を見直してみませんか?