株式会社ウインテック

ベストフロアーシステム

表層部のコンクリートそのものを改善

  • お問い合わせ
  • 採用情報

ベストフロアーシステム CN工法

「かぶり」コンクリートの耐久性を飛躍的に向上させる改良型真空脱水工法

ブリーディング誘導時間を利用し、表層部のコンクリートそのものを改善して、耐久性能向上とともに早期強度発現を実現しました。

本工法の脱水・圧密作用でコンクリートの表層を改善します

かぶりコンクリートの改善効果

表層改善項目 圧縮強度
(fc 30MPa)
表層密度 長さ変化率
(モルタル)
中性化深さ 初期凍害回避:凍結開始材齢6h 透水性
(抑制率)
吸水性
(抑制率)
透湿性
(透湿比)
塩化物イオン浸透性
(抑制率)
磨耗性H22
1kg・1000回転
付着性エポキシ樹脂
従来工法
→BF工法
32→48
(MPa)
2.293
→2.401(g)
13.3→11.4
(×10-4)
6.16→1.98
(mm)
38→46
(MPa)
8.5→3.2
(g)
1.85→1.19
(g)
0.81→0.63
(g)
8.92→6.19
(mm)
8.4→4.4
(g)
1.8→3.3
(N/mm2)
改善効果 表層部50%向上 約5%密度向上 14%の収縮低減効果 68% 8MPaの圧縮強度回復 62% 36% 77% 31% 50% 83%向上
圧縮強度分布
厚さ方向の密度分布
長さ変化率
中性化深さ
6時間後凍結時の強度回復
透水性 透水量
吸水性 吸水量
透湿性 透湿量
塩化物イオン浸透深さ
磨耗減量
比較

施工の特長

  • 誘導時間を設けるので、打設されたコンクリートに乗って施工可能。
  • 真空処理開始時期を、専用判定器具を使用して確認。
  • セメント粒子を排出しない、ろ過マットを使用。
  • 保水性・収縮低減作用を持つ、専用コート剤を練り込む。

施工の流れ

コンクリート打設から仕上までの一連の流れを変えることなく、床コンクリート表層部の品質向上を図ります。

コンクリート打設
(1) コンクリート打設
コンクリート均し
(2) コンクリート均し
貫入抵抗測定
(3) 貫入抵抗測定
BFろ過マット敷設
(4) BFろ過マット敷設
真空脱水BF処理
(5) 真空脱水BF処理
BFコート散布
(6) BFコート散布
練り込み仕上げ押さえ
(7) 練り込み仕上げ押さえ
保水養生
(8) 保水養生
  • コンクリートを打設締め固め均しを行います。(別途工事) (1) (2)

ー ブリーディング誘導時間を最大限利用し、表層の余剰水が最大になったところで、短時間で脱水・圧密処理します。 ー

  • 脱水開始時期判定を専用貫入計で行います。(3)
  • 専用ろ過マットを適用し、脱水時にセメント粒子を流出させません。(4) (5)
  • 脱水後必要に応じて専用コート剤を散布します。(6)
  • 練り込み仕上げ後、所定の養生を行います。(別途工事)(7) (8)

適用範囲

1. 適用可能な範囲

  • 2m×6m以上の平面空間があれば適用可能です。

2. 特に効果の高い適用範囲

  • 道路・橋梁・共同溝現場打ち・港湾施設・立体駐車場・工場・倉庫など。
  • 水処理施設・最終処分場・会館施設など。
  • 水路・現場打ちボックスカルバートなど。
  • 冬季施工の初期凍害回避。
  • 塗床・防水等仕上処理を施す下地のコンクリート。

3. 適用できない範囲

  • 真空脱水シートを使うので3×6m以下の所では施工できません。
  • 仕上げ面に突起物がある場合 (要相談)。
  • ブリーディングを生じないコンクリートには適用できません。

4. 適用にあたり、関係する基準およびその引用元

会社案内