株式会社ウインテック

施工事例:雨打たれコンクリート研磨

雨打たれコンクリート研磨の施工事例

  • お問い合わせ
  • 採用情報

雨打たれコンクリート研磨

雨打たれ後の脆弱部除去研磨処理方法について

工事の特徴

  • 3相200 Vの動力の機械を使用します。
  • ダイヤ工具を装着した研磨機の使用により短時間かつ確実に大面積の脆弱部除去が可能。
  • 研磨時ならびに清掃時に200 Vの集塵機を使用しますので粉塵はかなり抑えられます。
    (食品工場でも採用されております)

施工可能条件

  • 雨に打たれた後、2週間以上経過したコンクリートで施工当日までにコンクリートが80%以上乾いている

使用機材

削り込み研磨機械
(200V 127kg) 削り込み研磨機械
遊星回転型平滑研磨機
(200V 400kg) 遊星回転型平滑研磨機
ハンド研磨機
(100V 1.9kg) ハンド研磨機
小型集塵機
(100V 19kg) 小型集塵機
大型集塵機
(200V 70kg) 大型集塵機

すべての機械にキャスターがついていますが,機械重量があるので2階以上での作業の場合は,エレベーター・レッカー等の搬入設備が必要となります。

前提条件 電源と搬入車両

使用電源

現場仮設分電盤の3相200V 100Aを使用
もしくは50 KVA発電機を使用
※溶接機やエレベーターとの兼用NG

アンペア
搬入車両 搬入車両
3tゲート付箱形車両

処理方法

研磨処理後の仕上げ方法により3通りの処理方法があります

処理方法 1

研磨処理後、厚塗り補修を行う場合
(1工程研磨・1日400m2程度の施工が可能)

処理方法 1

処理方法 2

研磨処理後
Pタイル仕上げ,長尺シート仕上げ
2mm厚以上の塗床仕上げを行う場合
(2工程研磨で1日300m2程度施工可能)

処理方法 2

処理方法 3

研磨処理後に
表面保護材仕上げ,防塵塗装仕上げ を行う場合 (3工程研磨で1日200m2程度施工可能)

処理方法 3

滑らかな床にするために

滑らかな床にするための研磨のポイント

前の工程でついたダイヤ傷を、次の工程を行うときに前の半分のグリッドダイヤで消すこと

※グリッド(Grid)・・・ダイヤモンドの粒子の大きさ
数字が大きくなるほど、粒子は細かくなります

グリッド

施工前後写真

施工前
施工前
施工後
施工後
施工前
施工前
施工後
施工後

実際の様子

削り込み機械研磨
削り込み機械研磨
遊星回転機械研磨
遊星回転機械研磨