株式会社ウインテック

施工事例:コンクリート床レベルダウン

コンクリート床レベルダウンの施工事例

  • お問い合わせ
  • 採用情報

コンクリート床レベルダウン

コンクリート床のレベルダウン工事のニーズ

新築

  • 打ち間違え、仕様変更、凍害時の処理

改修

  • セラミックタイルの普及により、10数ミリのレベルダウンを数100m2の要望が多いです。
  • 壁や出入り口など取り合いに向けてのなだらかなレベルダウンのご希望も結構あります。

コンクリート床のレベルダウン方法について

工事の特徴

  • 厚さ10 mm以下の場合
    切削機に200Vの強力集塵機をつけての施工となりますので低粉塵工事が可能
  • 厚さ10 mm以上の場合
    グルービング機械で多数の目地を入れてからの斫り作業となりますので工期の短縮が可能
工事の特徴

施工のタイミング

  • 床を空ける必要があるので他の工種との調整・資材等の移動が必要

使用機材

グルービング機械
(200V 135kg) グルービング機械
切削機
(200V 238kg) 切削機
削り込み研磨機械
(200 V 127kg) 削り込み研磨機械
大型集塵機
(200 V 70kg) 大型集塵機
ハンド研磨機
(100 V 1.9kg) ハンド研磨機
ピック
(100 V 4.7kg) ピック
小型集塵機
(100 V 19kg) 小型集塵機

使用機材と前提条件 電源と搬入車両

使用電源

現場仮設分電盤の3相200V 100Aを使用
もしくは50KVA発電機を使用
※溶接機やエレベーターとの兼用NG

アンペア
搬入車両 搬入車両
3tゲート付箱形車両

処理方法

レベルダウンの程度により2通りの処理方法があります

処理方法 1

100mm以下のレベルダウンを行う場合
(1日に100m2程度施工可能)

処理方法 1
切削機による切削 切削機による切削
削り込み機械研磨 削り込み機械研磨

処理方法 2

10mm以上のレベルダウンを行う場合
(1日に50m2程度施工可能)

処理方法 2
グルービング目地切り作業 グルービング目地切り作業
ピック斫り作業 ピック斫り作業
削り込み研磨作業 削り込み研磨作業
削り込み研磨作業 削り込み研磨作業
研磨終了 研磨終了